Muito bom ポルトガル

ポルトガル-----日本ではちょっとマイナーな遠い国。でもどこかホッとする国。ポルトガル語の勉強メモや「へぇ〜」な記録を書き連ねるブログです。

ポルトガルの暮らし

MF中島翔哉選手がポルティモネンセ入団-ポルトガルメディアの反応は?

サッカーJ1のFC東京に所属していたMF中島翔哉選手(23歳)がポルトガルの一部リーグ(プリメイラ・リーガ)所属のポルティモネンセでプレイすることになりました。 8月28日、同じく加入したスペイン人MFのUri Rosell選手とともに、入団記者会見…

ポルトガルのUBERで「経由地」を設定できて便利に!

ポルトガルも暑い日が続いています。 でも、とても乾燥しており、快適です。 朝晩は清々しい風が吹き抜けます。 観光にはすばらしいシーズンが続いています。 ところで、本日8月25日、ポルトガルで普及している配車アプリ「UBER(ウーバー)」に便利なサ…

リスボンで配車アプリ「mytaxi(マイタクシー)」が大して使えない理由

リスボンでは、配車アプリサービスとして利用できるのは、今のところ以下の3つです。 ①Uber(ウーバー) ②Cabify(キャビファイ) ③mytaxi(マイタクシー) 今回、③のMy Taxiの利用経験を報告します。 結論から言いましょう 使えません。 あまりおすすめし…

リスボンでUBER運転手から〇〇された話

ボンディーア(おはようございます)。 このブログ、元々ポルトガル語の勉強メモを載せようかと思って始めたのですが、これまでのアクセス履歴を見ると、結局は、ポルトガルへ観光に来られる方に読まれているんだと思うようになりました。 なので、最近はリ…

リスボンで配車サービス「Cabify(キャビファイ)」が残念な唯一の理由

リスボンではUBERのほかに、アプリを通じた配車サービスを手掛けるスペインの「キャビファイ」も利用できます。キャビファイは楽天も出資していますね。 UBERに比べて、運転手になるためのルールが厳しいためかしれませんが、運転手は正装し、車内もとても清…

リスボンでUBERを手配したのにドライバーと会うことができなかった話(滅多にないけれど)

みなさん、こんにちは(ボア・タールデ)。 リスボン旅行では以下のエントリーで紹介したように、観光の移動にはUBERがかなり使えます。 私は日常生活でUBERをよく利用します。メーターを使わなかったり、ちょっとぼったくってきたり、猛スピードで駆け抜け…

リスボンでUBERを利用する際の9つのコツ ~空港から初めてのUBER利用を前提に~

みなさん、ボンディーア(おはよう)、ボアタールデ(こんにちは)、ボアノイテ(こんばんは)。 4月に入り、リスボンはすっかり春らしくなってきました。これから夜の8時以降も明るい日々が続き、ポルトガル観光にはすばらしいシーズンになります。 絵葉…

リスボンでUBERが非常に使える10の理由

リスボンを訪れるならUBER(ウーバー)の利用をおすすめします。 一言で言ってしまえば、やはり安心・安全・快適・割安だからです。 [rakuten:book:17649272:detail] (別の関連エントリー(2017年4月1日付)は以下をご覧ください) lisboeta.hatenablog.com…

ポルトガル産格安国産骨付豚肉でとんこつラーメン作りを試みるも、失敗に終わる

以前ポルトガルの国産豚肉の話を書いたのですが、もう一度だけ。 ポルトガルの大手スーパー「コンティネンテ」に行ったら骨付き豚肉の切り落とし650グラムが1ユーロでした。クーポン券の割引で結局0.7ユーロになりましたので100円弱です。 これを買ってきて…

ポルトガル語にもなった「Karoshi(過労死)」

電通の女性新入社員に関する報道が日本で続いていることを受け、ポルトガルのメディアで本件が報じられているか色々検索してみましたが、一つもありませんでした。 しかしながら、今年8月4日にポルトガルの週間紙エスプレッソの電子版が「過重労働で201…

リスボン動物園の入場料はなんと〇〇〇〇円超え。でも大人も楽しめる癒やし空間です。

リスボン動物園は意外に楽しいです。 動物たちとの距離がとにかく近いです。 この動物たちもポルトガルの雰囲気のためか、のんびりさを全開に醸し出しています。でも愛嬌は抜群です。 園内をぐるっと一周するテレフェリコと呼ばれる乗り物は日本の動物園も導…

リスボンの流行りの美味い店~ホットドッグ屋のフランキー~

リスボン大学の近くにあるホットドッグ屋のフランキー。 観光客は誰もいませんが、いつも地元民で行列ができています。でも並ぶ価値はあります。安くて食べ応えあります。美味いです。ポルトガル人の若者グループが満足そうに食べています。 予算は一人大体6…

ポルトガル産豚肉は400グラムでなんと〇〇〇円

ポルトガル人の生活はどのようなものでしょうか。 ポルトガル語の勉強ばかりでは少し疲れてしまいますので、今回はちょっとしたコラム。 この国の物価、特に食材は日本人の感覚からすれば、やはり安いといえるでしょう。 ポルトガルの大手スーパーは主に「コ…