Muito bom ポルトガル

ポルトガル 一度訪れたら必ず心落ち着く、美しい欧州の小国です。ポルトガル在住の日本人男性がいろいろ気になった情報を書き連ねるブログです。

ポルトガル産豚肉は400グラムでなんと〇〇〇円

ポルトガル人の生活はどのようなものでしょうか。

ポルトガル語の勉強ばかりでは少し疲れてしまいますので、今回はちょっとしたコラム。

この国の物価、特に食材は日本人の感覚からすれば、やはり安いといえるでしょう。

ポルトガルの大手スーパーは主に「コンティネンテ」「ミニプレッソ」「ピンゴ・ドセ」の3つが有名です。一般のポルトガル人が暮らす市街地や観光地でも少し外れたところに行けば、いずれかのスーパーを見かけます。

先日、このうちの一つ「コンティネンテ」に行きました。牛肉、豚肉、鶏肉のいずれも店頭に並んでいますが、中でも安いのは豚肉です。ポルトガル国旗のシールが貼られていない場合はお隣スペイン産の豚肉の可能性が高いですが、下の写真のように、とんかつに使えそうな厚切りのあばら肉が400グラムでなんと1.4ユーロ(約150円)で売られていました。タイムセールとなればもっと安くなります。

f:id:lisboeta:20161012060637j:plain

ポルトガル国内の畜産農家はこれでは採算が合わないと悲鳴を上げています。今年、卸先の大手スーパーに対して生産者団体が店舗で抗議運動を行う様子がTVで流れていました。

消費者の立場からすると助かります。でもEU域内の大きな国との勝負にさらされている国内の生産者にとっては死活問題です。

ポルトガル旅行の際にはぜひスーパーを訪れてみてください。

いろいろな発見があります。