読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Muito bom ポルトガル

ポルトガル-----日本ではちょっとマイナーな遠い国。でもどこかホッとする国。ポルトガル語の勉強メモや「へぇ〜」な記録を書き連ねるブログです。

リスボンでUBERが非常に使える10の理由

リスボンを訪れるならUBER(ウーバー)の利用をおすすめします。

一言で言ってしまえば、やはり安心・安全・快適・割安だからです。

 

(別の関連エントリー(2017年4月1日付)は以下をご覧ください)

lisboeta.hatenablog.com

①ぼったくりの心配がない

 リスボンにはたくさんのタクシーが走っています。大抵は感じのいいドライバーですが、中には残念ながら悪質なドライバーも混じっています。あくまで少しです。

 滅多にあることではないですが、私が10年くらい前にリスボン空港から下町のバイロアルト地区の安宿を目的地にタクシーを利用したときのことです。

 乗車してみると、ドライバーは腕に入れ墨の入った若いアンちゃんでした。猛スピードで走り出すと、料金メーターがまるでルーレットのごとく勢いよく回転していくのです。あからさまな改造メーターでした。しかも遠回りしていました。怖くなり、「ストップ!」と叫びました。彼がその際私に言った言葉を今でもよく覚えています。「ジャパニーズ、クレイジー!」。どちらがクレイジーなのでしょうか。結局、本来なら10ユーロもかからないところを80ユーロ近く払わされました。そして目的地までは重たい荷物を引きずって歩いて行きました。

 旅慣れず、言葉もできない、いかにもカモの顔をした若者だったのも悪いのですが、やはりもうカンベンです。最近ではここまでひどいタクシーはほぼないと思います。

 

②安全運転が期待できる

 リスボンのタクシー運転手は結構な確率で飛ばし屋です。「スピード狂なのさ〜♪」とL'Arc~en~Cielの歌にありましたが、まあ、おおむねその通りです。回転率を上げたいのでしょうが、すこし怖くなることがあります。一方、これまでに利用したUBER運転手は安全運転で親切です。

 

③清潔

 年季の入った古いタクシーにあたるとボロボロで少し匂うことがあります。その点、ウーバー車両はきれいで新しいです。

 

④言葉の心配がない

 ポルトガル人は英語を話せる人が多いですが、タクシードライバーでは苦手な人もやはりいます。そもそも細かい行き先をポルトガル語や英語で伝えるのは、慣れていても大変なことがあります。その点UBERならその心配はほとんどいりません。

 

⑤待ち時間なし

 リスボン市内ならUBERで予約したら、数分で迎えにきてくれます。

 

⑥旅行中にどこでも予約できる

 ポルトガルでは宿泊先のホテルはもちろん、カフェやバー、レストランに行けば大抵、無料Wi-Fiを利用できます。パスワードは店員さんに聞けば教えてくれますし、店内の壁などに書いてあることも多いです。新しいお店ならほぼ100%無料Wi-Fiがあります。なのでそもそもUBERにアクセスできない、なんて心配もないのです。

 

⑦チップの心配がない

 ポルトガルではサービスに満足したときにチップをあげる習慣があります。タクシーの場合は切りのいい金額まで切り上げるのが一般的ですが、これが結構煩わしいのです。

 例えばタクシー料金が5.6ユーロだった場合、結局6ユーロくらいを払うことになりそうですが、よくよく考えると、金額全体からみるとチップだけで結構な割合です。チップ文化のない日本人には、たとえそれが少額であっても面倒なことです。

 

⑧遠回りされない

 ①と似ていますが、たまに変なタクシードライバーにあたると、理由をあれこれつけてわざと遠回りされることがあります。先日、夜遅くにリスボン市内のオリエンタル地区(中国、バングラディシュ(中東系)、アフリカ系のお店が多くある)で知られるマルティンモニスで流しのタクシーを捕まえたらやられました。まあ通常よりも2~3ユーロ高かったくらいですが、あまりいい気はしませんでした。

 

⑨早朝、夜間の利用に便利

 場所にもよりますが、リスボン市内で日曜の早朝などに予約もしないで流しのタクシーを拾うのは結構大変です。タクシー乗り場にも止まっていないことがあります。そもそも異国で自力でタクシーを電話予約するのは大変ですし、面倒です。ホテルのフロントから呼びつけることはできますが、UBERのほうが安くて便利です。

 

⑩やっぱり割安

 利用時間にもよりますが、普通のタクシー料金の8〜9割くらいの印象です。夜間、休日、早朝ならもっと安いです。リスボン市内での大体の移動なら10ユーロもあれば十分です。

 

 いかがでしょうか。

 リスボンUBERを利用できるようなったのは最近のことです。やはり便利だなと思います。

 ここですこし注意点です。昔からのリスボンタクシードライバーの中にはUBERを目の敵にしている人がいます。

 こないだも月曜日の午前にリスボン市内に6000台以上のタクシーが集結し、抗議デモを行いました。このデモはオリエンテ(リスボン東部の国際博覧会会場の跡地)から国会議事堂や大統領府まで向かうルートだったようですが、途中に立ち寄ったリスボン空港で、興奮したごく一部のタクシードライバーが警備隊と小競り合いを起こし、そのとばっちりでUBER車両が襲われました。生卵を投げつけられた車両もありました。

 こういったことからUBERドライバーの中には、タクシーが集まっている場所での乗り降りを避ける人もいるようです。なので、そういった場所で利用する場合はUBERを待たせず、スムーズに乗り降りすることを念の為におすすめします。

 

 あっ最後に一言。

 なんだかんだではありますが、リスボンタクシードライバーさんは総じて親切ですし、基本いい人ばかりです。ポルトガル政府も観光客の呼び込みと満足度向上に頑張っていますし、街中もよっぽど不注意にしていなければ安全です。タクシーも普通に利用してほとんど問題はありません。

(※2017年2月追記:上述のような危険性は現在ほとんどなくなりました。ですのでどこでも安心して利用できます)

 

そういえば、初めてUBERを使う方へ。

スマフォでアプリをダウンロードの上、下の紹介コードを登録して利用くださると、個人的にはうれしいです(笑)。あなたも5ユーロ分の無料乗車チケットがもらえます。

 

ww7xunm4ue

 

それではBoa Viagem!