Muito bom ポルトガル

ポルトガル 一度訪れたら必ず心落ち着く、美しい欧州の小国です。ポルトガル在住の日本人男性がいろいろ気になった情報を書き連ねるブログです。

世界遺産「シントラ」にあるマニアックな展望台

先日、リスボン近郊の世界遺産「シントラ」を訪れました。

リスボン市内から列車に乗って約40分です。

緑が多く、空気が大変きれいです。

太古からのパワースポットでしょう。

私は大好きです。

趣のある古い家屋が山際に点在しています。

訪れるたびに癒されます。

 

シントラといえば、主な見どころは「王宮」「ペナ宮殿」「ムーアの遺跡」あたりでしょう。地球の歩き方にも紹介されています。

 

今回、地球の歩き方には記載されていない、マニアックなところを訪れました。

 

展望台です。

 

サンタ・エウフェーミア展望台といいます。

 

Miradouro de Santa Eufémia | Vida de Bairro - Sintra

 

シントラ駅から歩くと1時間以上かかるでしょう。

坂道もきつく、道も大変分かりずらいため、タクシーかUBER等の利用をお勧めします。UBERでしたら5ユーロくらいです。上述のメインの観光地からは少し違ったところにあります。

 

午前10時。

私がこの展望台に着いたとき、辺りは白く濃い靄に覆われていました。

本来なら遠く大西洋や地平線に向けて、まばらに散らばる家々を見ることができたでしょう。

 

しかし、空気が濃い。

深呼吸しました。

気持ちがいい。

 

展望台に十字架がそびえたっています。

神秘的です。同時に怖さも少し感じます。

なぜでしょうか。


f:id:lisboeta:20170820055055j:image

 

夏場の午前、シントラはリスボンと違って、かなり冷え込み、山に雲がかかっていることが多いです。

お昼くらいに気温が上がってくると、青空を見せることが多いです。

シントラを訪れるときは、薄手のレインコートや上着を持っていくことをお勧めします。夏場でも寒いです。

 

この展望台はあまりにマニアックです。

きっと、シントラ駅に併設されている観光案内所でも紹介していないでしょう。

 

結論としては、訪れる必要は全くありません(笑)。

 

特段、おすすめもしません。

 

すばらしい景色はペナ宮殿やムーアの遺跡から眺めることができるからです。

 

でも、こんなところがシントラには隠れているんだ、という話です。

 

それでは、よいご旅行を。