Muito bom ポルトガル

ポルトガル-----日本ではちょっとマイナーな遠い国。でもどこかホッとする国。ポルトガル語の勉強メモや「へぇ〜」な記録を書き連ねるブログです。

ポルトガルのUBERで「経由地」を設定できて便利に!

ポルトガルも暑い日が続いています。

でも、とても乾燥しており、快適です。

朝晩は清々しい風が吹き抜けます。

観光にはすばらしいシーズンが続いています。

 

ところで、本日8月25日、ポルトガルで普及している配車アプリ「UBER(ウーバー)」に便利なサービスが追加されました。

 

それは、

 

配車依頼時に経由地を設定できるようになったことです。

 

ぜひ欲しいと思っていたサービスです。

 

私はこれまで、UBERに乗り込んでから、ドライバーに口頭で経由地を直接お願いしていたのですが、その手間がなくなります。

 

UBERからの案内によると、1回の乗車につき、3か所まで経由地を入力できるようになりました。

目的地を設定するアプリ画面上で、「+」をタップすれば、簡単に経由地を設定できます。

さらに乗車中に経由地を追加しても、そのままドライバーのルートも自動更新されます。

配車予約時には、この複数の経由地を踏まえた料金設定がしっかりと表示されます。

ちなみに、運転手へのマナーとして、経由地での停車は3分まで、ということです。

 

このサービスは、ポルトガル観光でUBERを利用する際にも便利だと思います。

 

たとえば、どこかの観光地にUBERで向かう途中、リスボン市内を一望できる展望台にちょっと立ち寄り、そこでちょっと写真を撮らせてもらう、なんてこともできるからです。

 

リスボンは、①観光の中心地となるコメルシオ広場界隈と、遠く昔のイスラム統治時代の名残があり、細く入り組んだ坂道と伝統的な家屋が趣深いアルファマ地区がある南部、②98年の国際博覧会会場になった近代的で開放的な東部オリエンテ地区、③ジェロニモ修道院ベレンの塔など世界遺産がある西部ベレン地区、④教育機関や住宅街、公園、空港などがある北部地区に大きく分かれており、それぞれ雰囲気が異なります。

 

そうした地区の街並みの違いをチラっと見てみる上でも、このサービスは使い勝手がいいかもしれませんね。

 

それでは、よいご旅行を。

 

ちなみに、ポルトガルUBERに関する過去の記事は以下等をどうぞご覧ください。

lisboeta.hatenablog.com

lisboeta.hatenablog.com